タグ別アーカイブ: ダメージレス

スクリーンショット 2017-05-15 10.56.12

キレイ髪ストレート&パーマの秘密

クレアトゥールウチノのストレート、パーマは一般的なパーマと大きく異なります。といっても何が違うのか、一言で言えば徹底的なダメージの排除と仕上げの自然さ、スタイリングの簡単さです。

動画も配信していますが、こちらでもご紹介させてください。

before(全体)

スクリーンショット 2017-05-15 10.29.56スクリーンショット 2017-05-15 10.30.36
クセが大きく全体的に広がってしまっています。1本1本の細かいクセがあるため、つやがなくパサついた感じになってしまっています。

before(サイド)

スクリーンショット 2017-05-15 10.34.46
サイドは生え際や襟足、もみあげのクセが気になります。

before(後ろ)

スクリーンショット 2017-05-15 13.48.27
後ろも大きなうねりがあります。

before(毛先)

スクリーンショット 2017-05-15 10.35.58
毛先はパサつきが気になり、指通りも悪い印象です。
スクリーンショット 2017-05-15 10.35.40
モデルさんの希望は、朝も楽チンなコテ巻きなしで作れるゆるふわスタイル。全体的なクセを抑え自然にまっすぐなフォルムにし、同時に、毛先にゆるやかなウェーブを作っていきます。キレイ髪メニューはストレートとパーマを同時に行うことが可能です。

一回目塗布

スクリーンショット 2017-05-15 10.47.27
はじめにストレートの液を塗っていきます。まずは新しく生えてきた部分から塗ります。仕上がりで根元がまっすぐになりすぎないように、少し根元をあけて塗ります。当店独自のストレート液は、一般的なストレートの液がアルカリ性であるのに対して、髪と地肌に優しい弱酸性です。ストレートをすることで髪がダメージを受けることはありません。

PHチェック

スクリーンショット 2017-05-15 10.47.40
液を塗ったPHチェックの様子を見てください。黄色の弱酸性を示しています。

一回目塗布

スクリーンショット 2017-05-15 14.22.14
生え際、前髪など 細かくパートを分けて、クセの状態をみながら、丁寧に塗り分けていきます。

スクリーンショット 2017-05-15 14.22.22
このストレートの液はクセをとるための土台を作るだけでなく、髪に必要な栄養を与え、傷みを補修する効果もあります。

超音波アイロンで液を浸透させる

スクリーンショット 2017-05-15 10.48.17スクリーンショット 2017-05-15 10.48.59
当店では髪に優しい液を使っているため、時間をかけしっかり髪に浸透させる必要があります。そのため様々な工夫をしています。まずはじめに、超音波アイロンの振動を利用し、液を浸透させていきます。
これを見てください。水滴が振動しているのがわかります。1秒間に約3万7千回振動しています。熱を加えているわけではないので、触っても熱くありません。

三回目塗布

スクリーンショット 2017-05-15 10.49.09
新しく生えてきた部分とダメージの目立つ毛先は、液の配合も変えています。髪のダメージに合わせて細かくパートを分け、三回程度これを繰り返します。これで髪の組織を優しくほどいて、形を作る土台ができました。

遠赤外線の機械で温め、液を浸透させる

スクリーンショット 2017-05-15 10.50.09
次に遠赤外線の機械で優しくあたため、さらに液を浸透させます。

チェック

スクリーンショット 2017-05-15 10.49.31
流す前にクシを通して、クセがきちんと伸びているかチェックします。

流す

スクリーンショット 2017-05-15 10.50.28
一度液を流し、形を作る作業に入ります。

ブロー(前髪)

スクリーンショット 2017-05-15 10.50.47
毛の生えてくる方向に沿って、細くパートを分けながらブローします。時間はかかりますが、これによりストレートや縮毛矯正にありがちな、ぱっつんまっすぐではなく、自然な丸みを実現します。
慎重に毛の方向を見極めて施術するので、髪が伸びてきても、根本が折れることはありません。

 

アイロンで形を整える

スクリーンショット 2017-05-15 10.51.22
ブローで作った丸さをキープしながら、アイロンを通します。これも細かくパートごとに行います。

スクリーンショット 2017-05-15 14.28.20
アイロンが終了し、髪のツヤもでてきました。

髪を巻く

スクリーンショット 2017-05-15 10.51.46
次にヘアエステ剤を塗りながら髪を巻き、ウェーブを作ります。
このとき使用する液も当店独自のものです。髪に栄養分を補給するエステ効果があります。

固定する液を塗る

スクリーンショット 2017-05-15 10.52.21
ロッドを温め乾かしたら、ウェーブの部分に形をキープする液を塗ります。この液も当店オリジナルのものです。形をキープするだけでなく、パーマによって負担をかけた髪を保湿する効果があります。
スクリーンショット 2017-05-15 15.00.53
最後にストレートで作った形をキープする液を毛流れに沿って塗ります。

シャンプー

スクリーンショット 2017-05-15 10.52.57
シャンプーして液を流します。さあいよいよ究極のダメージレス ストレート&パーマスタイルの完成です。

ドライ

スクリーンショット 2017-05-15 10.53.08
乾かして見ましょう。ブローは入りません。ねじりながら乾かすと形がはっきり出てきます。
スクリーンショット 2017-05-15 10.53.21
このようにご自身で簡単に乾かしていただけます。

after

スクリーンショット 2017-05-15 10.53.31スクリーンショット 2017-05-15 10.53.40スクリーンショット 2017-05-15 10.54.50
クセがしっかり抑えられ、全体の広がりも無くなりました。前髪や毛先も自然な丸みです。ウェーブも艶やかに仕上がりました。朝のコテ巻きも必要ありません。キレイ髪メニューならこのように、ストレートとパーマを同時に行うことが可能です。

後ろもこの通りです。クセもしっかり抑えられています。
スクリーンショット 2017-05-15 10.56.12
全体的に自然で柔らかさを感じる仕上がりになりました。
キレイ髪がモデルさんの自然な笑顔を引き出しました。お悩み解決です!

その他、キレイ髪の秘密がわかる動画はこちらから>>

sen

髪のダメージにはトリートメントより毎日のシャンプーが大切?

最近多くのシャンプーは、トリートメントの効果を際立たせるため、以前より洗浄力の高いものにして、少しギシギシ感を与えるようなものが多くなっています。そうすることで、トリートメントに含まれるシリコーンなどのなめらか成分がより吸着しやすくなり、見かけ上の感触が良くなるからです。

しかし、クレアトゥール・ウチノでは、ホームケアにではトリートメントよりシャンプーが重要であるという信念を持っています。なぜなら、髪を洗う時、シャンプーが最も髪を傷めやすいからです。髪は水に濡れた時、キューティクルの中のエンドキューティクルという親水性の部分が膨らみ、一番毛羽立ちやすく、敏感になるのです。そのとき摩擦の大きいシャンプー剤などで洗うと、キューティクルがはがれたり、内部のタンパク質が流出したりします。カラーリングをした毛髪では、色落ちも激しくなります。トリートメントの良しあしを考える前に、髪を傷ませないシャンプーを使っているかどうかを、まず見直すことがとても重要です。

今回は、今流行しているカラートリートメントで染色した毛髪を、タイムレスヘアエステ<洗>と一般的なシャンプー※で繰り返し洗い、その退色の度合いを見てみました。
※ラウレス系界面活性剤のシャンプー

カラーリングした髪をそれぞれのシャンプーで20回あらった後、明度と彩度、両方の差を計測したところ、<洗>の退色の少なさが、明度と彩度の双方で示されました。

<参考:20回シャンプー後の毛髪の電子顕微鏡観察>

スクリーンショット 2017-05-14 9.08.48

<洗>で繰り返しシャンプーした毛髪(左)に比べ、<ラウレス>シャンプーでシャンプーした毛髪(右)にで、ところどころに亀裂やキューティクルがはがれたあとが観察されました。
やさしく洗うことの重要性が、改めてわかります。

<洗>はクレアトゥールウチノが長い時間とかけサロンやCM撮影現場での経験を生かして企画した独自のシャンプーです。刺激やカラーの退色が少ないと言われている両性界面活性剤を基剤としています。

<洗>のくわしい説明や、使い方、購入等はこちらから >>>

 

スクリーンショット 2017-05-05 14.20.11

キレイ髪パーマの秘密

クレアトゥールウチノのパーマは一般的なパーマと大きく異なります。といっても何が違うのか、一言で言えば徹底的なダメージの排除と仕上げの簡単さです。

動画も配信していますが、こちらでもご紹介させてください。

before

スクリーンショット 2017-05-05 14.04.41 スクリーンショット 2017-05-05 14.05.05
モデルさんは現在ストレートスタイルですが、ウェーブスタイルに挑戦したい!とのこと。ただパーマは髪が傷み、少したつと取れてしまいスタイリングが大変になるイメージがあって踏み出せない・・コテで巻くのもめんどくさいしという悩みがあります。実は髪を傷めてしまうと、ウェーブが決まりにくかったり、すぐに取れてしまったりします。
今回は髪にダメージを与えず、乾かすだけで形が決まり、さらに艶のあるウェーブスタイルを作ります。

一回目塗布(PHチェック)

スクリーンショット 2017-05-05 14.05.15
まずはパーマ液を塗っていきます。指で示したようにかけたいところだけに丁寧に塗り、余分なところにはつけません。当店のオリジナルのパーマ液は、一般的なパーマ液がアルカリ性であるのに対して、髪と地肌に優しい弱酸性です。PHチェッカーでも黄色の弱酸性を示しています。パーマをすることで髪がダメージを受けることはありません。

遠赤外線の機械で加温

スクリーンショット 2017-05-05 14.05.44
当店では髪に優しい液を使っているため、時間をかけしっかり髪に浸透させる必要があります。そのため様々な工夫をしています。まずは遠赤外線の機械で優しく温め、液を浸透させます。

超音波アイロンで液を浸透

スクリーンショット 2017-05-05 14.12.11 スクリーンショット 2017-05-05 14.12.25
次に、超音波アイロンの振動を利用し、液を浸透させていきます。
これを見てください。水滴が振動しているのがわかります。1秒間に約3万7千回振動しています。熱を加えているわけではないので、触っても熱くありません。

塗布終了

スクリーンショット 2017-05-05 14.12.35
髪の状態に合わせて、場所や回数を調整し、丁寧に繰り返し塗り分けていきます。全体に液が塗り終わりました。

液を流す

スクリーンショット 2017-05-05 14.15.04
余分な液を一度流します。流したあとは一旦乾かします。髪を乾いた状態にしてから、仕上がりをイメージして巻いていきます。

髪を巻く

スクリーンショット 2017-05-05 14.15.11
次にヘアエステ剤を塗りながら髪を巻き、ウェーブを作ります。
このとき使用する液も当店オリジナルのものです。髪に栄養分を補給するエステ効果があります。

遠赤外線の機械で加温

スクリーンショット 2017-05-05 14.16.55
ロッドを温め、髪を乾かします。

スクリーンショット 2017-05-05 14.17.08
しっかりウェーブを出すためロッドを外し、シングルピンに付けかえます。

固定剤を塗布

スクリーンショット 2017-05-05 14.17.16
最後に、作ったウェーブの形をキープする液を塗ります。この液も当店オリジナルのものです。形をキープするだけでなく、パーマによって負担をかけた髪を保湿する効果があります。いよいよ究極のダメージレスパーマが完成します。

ドライ

スクリーンショット 2017-05-05 14.19.25
液を流したら、乾かします!乾くと形がしっかり出てきます。

スクリーンショット 2017-05-05 14.23.30
このように、髪を捻りながら乾かすだけなので、家でもサロンと同じように綺麗に仕上げることができます。

after

スクリーンショット 2017-05-05 14.24.08 スクリーンショット 2017-05-05 14.19.58
乾かすだけで形が決まり、艶やかなウェーブになりました。朝のコテ巻きも必要ありません。髪へのダメージを徹底的に排除したことで、持ちの良いパーマに仕上がりました。

スクリーンショット 2017-05-05 14.20.11
形はもちろん、髪も柔らかくしなやかに仕上がりました。
キレイ髪がモデルさんの自然な笑顔を引き出しました。お悩み解決です!

キレイ髪の秘密がわかる動画はこちらから>>